自宅で練習!ゴルフシミュレーター特集TOP » めざせ90切り!ちょっとトクするゴルフ情報 » アプローチを向上させる2つの練習法とコツ

アプローチを向上させる2つの練習法とコツ

アプローチを向上させるには「スイングを安定させる練習」と「正確な距離感をつかむ練習」が不可欠です。今回はそれぞれの練習法を解説するとともに、アプローチショットをより向上させる3つのコツもご紹介します。

1.スイングを安定させる練習

アプローチ

アプローチショットを向上させる近道は、「スイングを安定させる」ことです。練習時のポイントは3つあります。

打ち急がない

打ち急ぐとスイングの軌道が乱れます。スイングを練習するときは、振り幅やスピードを変化させつつも、常に一定のペース、リズムで行うことを意識しましょう。

手首と上腕を固定しすぎない

クラブヘッドはかなり重いので、上から振り下ろせば重力の働きで地面に向かって進んでいきます。「重力に逆らいながらボールに当てる」のがスイングの本質なのです。

ということは、手首と上腕をガチガチに固定してしまうと、クラブヘッドの自由がきかなくなり、重力の影響をまともに受けることになります。ヘッドが地面寄りに軌道を描いてしまうのでダフりの原因に。

これを防ぐには、手首や上腕をガチガチに固定せず、気持ちリラックスさせることが大切です。

ティーアップして打つ

アプローチのスイングを安定させるには、ティーアップして打つ練習が非常に効果的です。

ゴルフ練習場は芝がよくすべるため、多少ダフってもヘッドがすべってボールの芯をとらえることができます。これでは練習になりません。

そこでおすすめなのがティーアップして打ち込む練習です。振り幅を変えても確実に芯に当てられるようになれば、スイングが安定し、アプローチの精度が一段ランクアップします。ただし、あまりに高いティーアップだと実戦的でないので低めにしましょう。

2.正確な距離感をつかむ練習

正確な距離感をつかむためには、なによりも「自分の飛距離」を確立させることが重要です。練習時のポイントは2つあります。

飛距離に合わせたスイングの振り幅を意識する

スイング時は、常に距離にあわせたフィニッシュの高さを意識しましょう。ひざtoひざ、腰to腰、肩to肩と、振り幅ごとの飛距離の違いを把握するのがポイントです。

フィニッシュの形からバックスイングに戻る素振りを繰り返すと、スイングを一定にキープできるようになります。

インパクトの強さで飛距離を調整してはいけない

アプローチにとって長い飛距離は不要です。そのためか、スイング全体の流れではなく、インパクトの強弱だけで飛距離を調整しがちです。

しかし、それだと体調や筋肉のコンディション次第で飛距離も変化してしまいます。アプローチの飛距離の調整は、「スイングの振り幅だけ」で行うことが鉄則です。

アプローチ向上に欠かせない3つのポイント

ゴルフボール

アプローチが向上する練習法をご紹介しましたが、闇雲に練習するだけでは当然上達はしません。以下の3つのポイントをおさえましょう。

1.セットアップは「正しいボールの位置」を意識して

ランニングアプローチなら右足の外、ロブショットやピッチショットなら真ん中、ピッチエンドランならやや右側というように、アプローチの種類によってボールの位置はおおむね決まっています

ねらった場所にアプローチするためにも、セットアップは必ず「正しいボールの位置」を意識しながら行うようにしましょう。

2.スタンスは「ややオープンに」がベスト

アプローチのスタンスとして、「目標までの距離感をつかむため、身体をピン方向に正対させるべき」と指導されることがあります。

しかし、両足のつま先をピン方向に向けるような極端なスタンスは、中級者レベルだとスイングの軌道が乱れる原因となります。

ピンまでの距離感をつかみつつ、スイングの軌道を安定させるためには、左足のつま先を右足の少し後ろに引く程度の「ややオープンスタンスに」を意識しましょう。

3.まずは「転がす」ことから

アプローチショットの目的は「ピンそばにボールを寄せること」です。その目的が果たせるのなら、ボールを上げるか転がすかの違いは大きな問題ではありません。ただ、ボールを上げるよりは転がすほうが、球筋が安定することは確かでしょう。

「上げるショット」に苦手意識のある人は、華麗なピッチショットやピッチエンドランへのこだわりは捨てて、まずは地道にボールを転がしてピンそばをねらうようにするとアプローチが安定します。

ランニングアプローチは両ひざの間を少し開けて

アプローチには、

  • 転がす
  • 上げる
  • ピッチエンドラン

という3種類のショットがありますが、実戦でも頻繁に使うのが「転がすショット=ランニングアプローチ」です。

ランニングアプローチでは、キャリーを抑えるためスタンスを狭くするのが基本ですが、短い距離のアプローチには注意が必要です。

目標までの距離が短い場合、「両足をぴったり揃えるように」と指導されることがあります。しかし、両足を揃えることにこだわり過ぎると、スイング時に左ひざの固定に意識が集中し、反対の右ひざがスイング方向に動いてしまいがちです。

右ひざがスイング方向に傾くと、下半身とのバランスをとろうとして上半身(背骨のライン)が反対方向に大きく傾いてしまい、ダフリやトップを引き起こす原因となります。

たとえ短い距離のアプローチでも、必ず両ひざの間に握りこぶし一つ分ほどのスペースを開けるようにしましょう。そうすれば右ひざの不自然な移動がなくなるので、上半身の傾きを防ぐことができます。

価格or性能で選ぶ
シミュレーター3選

もっと上を目指すあなたへ、ゴルフマガジン「ROUND」編集部が自信を持っておすすめする、ゴルフシミュレーター特集!

詳細はこちら